グランプリファイナル2018 男子の出場選手・自己ベスト・GPSの結果

グランプリシリーズ全6試合の結果の上位6選手のみが出場できるグランプリファイナル2018のシニアの男子シングルの出場選手(エントリー)と各選手の自己ベスト、グランプリシリーズ2試合の結果をまとめてお届けします。予習や予想にご活用ください。

グランプリファイナルのポイントランキングでは1位だった日本代表の羽生結弦選手は2試合目のフリー前の公式練習で痛めた足の影響で欠場が発表されており7位の選手が繰り上げでエントリーしています。

グランプリファイナル2018 男子の出場選手・自己ベストスコア(PB)

2018-2019シーズン ISUグランプリファイナル2018/ジュニアグランプリファイナル2018
ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final 2018/19
開催国:カナダ
開催地:バンクーバー
日程:2018/12/05 – 2018/12/09

日本代表からは宇野昌磨選手がエントリー。今シーズンの自己ベストではネイサン・チェン選手が280点台でトップスコアを持っています。持ちスコアではこの二人が抜き出ており昨シーズンの世界選手権に続く優勝争いが見られそうです。

No. 選手 PB
1 宇野昌磨 日本 277.25
2 ネイサン・チェン アメリカ 280.57
3 ミハル・ブジェジナ チェコ 257.98
4 セルゲイ・ボロノフ ロシア 254.28
5 チャ・ジュンファン 韓国 259.78
6 キーガン・メッシング カナダ 265.17

グランプリファイナル2018 男子のシングル出場選手のGPS2試合の結果

グランプリシリーズでは2試合優勝が宇野昌磨選手とネイサン・チェン選手です。この二人は今シーズンのグランプリシリーズでの直接対決はありませんでした。初戦のスケートアメリカ、第2戦のスケートカナダで表彰台に上がった選手が全員出場します。

選手 1試合目 結果 2試合目 結果
宇野昌磨 (2)カナダ 優勝 (4)NHK杯 優勝
ネイサン・チェン (1)アメリカ 優勝 (6)フランス 優勝
ミハル・ブジェジナ (1)アメリカ 2位 (3)フィンランド 2位
セルゲイ・ボロノフ (1)アメリカ 3位 (4)NHK杯 2位
チャ・ジュンファン (2)カナダ 3位 (3)フィンランド 3位
キーガン・メッシング (2)カナダ 2位 (5)ロステレコム杯 5位

出場選手・自己ベスト・GPS2試合の結果
男子シングル女子シングル

滑走順・演技開始時間・結果(リザルト)
男子SP男子FS
女子SP女子FS

スポンサードリンク